読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

ブログは更新が少なくてもある程度のアクセスは維持できる。


スポンサードリンク

 

すっかり更新しなくなってしまった当ブログです。

と言っても別に飽きてきたとかというわけではないのですけどね。

 

気がつけばもう10月に入ってしまいました。

ついこないだまで夏だと思っていたのに、時期的にはすっかり秋です。

 

更新頻度が低くてもアクセス維持

さて、久しぶりの更新と10月頭ということで、個人的なちょっとしたブログ振り返りの記事です。

どうでもいい記事です。

 

f:id:himuka14:20151002121803j:plain

 

ここ半年間は1ヶ月に10記事以下の更新

今年の2015年3月からの1ヶ月の投稿数はわずか1桁台です。

直近で言うと、

  • 6月は3記事
  • 7月は5記事
  • 8月は1記事
  • 9月は0記事

 

まぁ実質ほとんど更新していない状態です。

ここ2ヶ月はほとんどゼロに等しい感じです。ダメダメです。

 

アクセス数は変動なし

記事ネタは捻り出さないと無いということもあり、簡単にパパッと更新できる術もないこともありますが、仕事の忙しさにかまかけてサボっていたのが実態でもあります。

いつアクセス数は落ちてくるのやらと、若干不安になりつつも、落ちてきたらまた頑張って更新していくかと思っていたところです。

ですが、これがまたなかなかアクセスは変動なし。

 

私はあまりSEOとか、アクセスアップ術といったところには疎いのですが、きっとこんなものなんでしょうかね。

ちなみに現在のPVは、約7万PV(月)です。

だいたい5月ぐらいからあまり変動がないでしょうか。

 

ある程度記事を書いてアクセスが来るようになれば、後は更新頻度を上げなくても(例えば毎日更新とか)、アクセス数は変わらないような話は聞いたことがあります。

ただし、さすがに半年以上更新ゼロなどというブログは、当たり前ですがGoogle先生に嫌われ始めます。

 

そうはいってもブログは更新してナンボ

更新をサボっていても、更新がまったくのゼロでなければ、アクセス数はある程度維持できるようですが、そうはいってもブログなんてものは更新してナンボです。

 

たまたま一定数の記事に少しアクセスがあるだけで、その記事の需要がいつなくなるかわかりませんし、順位に変動があれば誰も読んでくれません。

 

それに更新のないブログなんて所詮色あせていくだけです。

私だって、検索とかで面白い記事のブログを見つけたとしても、最新記事が半年前や一年前のブログであれば、ちょろっと過去記事を見てお終いです。

ですが、たまにでも更新しているようだと、なんとなく読者になり、更新をチェックしたりするものです。

 

せめて月に10記事程度は更新しなければと思うところです。