空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

子供は親の言うことを理解するわけではない。親のすることを見て理解する。


スポンサードリンク

 

子供の教育において、口うるさく、口厳しくするときがあります。

それはやむを得ない場合が多いと思うけど、親の都合でそうなる場合も多々あります。

それはそれでしょうがないこと。

しかし良くないのは、親の行動がそれに伴わないことです。

 

f:id:himuka14:20141031131652j:plain

 

このブログでも同じようなことはしょっちゅう書いています。

 

子供に口だけ躾(しつけ)をやっていないか?を考えてみる。 - 空飛ぶ畳

 

 

子供を教育するのはとても大事。躾はしっかりしないといけません。

常識を子供に教えるのは当たり前で、悪さをしたら叱ったりひっぱたいたりするのも当たり前、子供なりに頑張れれば褒めるのも当たり前、結局当たり前のことを淡々とするだけです。教育なんてきっとそんなもんです。

 

但し、親自身の言動が伴わなければ効果は半減です。

むしろ逆効果となる可能性も大きくあります。

 

子供が自発的に行動するとき、それは自らが納得しているときです。

なぜそれをしなければいけないのか?

なぜそれをした方がいいのか?

なぜそれをしてはいけないのか?

 

理屈では理解はしていないかもしれないけれど、自然とわかるようになります。それが良心であり道徳心であるからです。

こういったことは理屈では伝わらないことがあります。

命令や押し付けではまず伝わりません。

子供自身が「見て」「感じて」なんとなく伝わります。

それにプラスアルファで「言葉」で伝えるのです。

だから言葉だけが先行して、「さぁ理解しなさい」なんて無理です。

アホ言うなです。

 

言動が伴わず言葉だけで子供が言うことを聞いているとしたら(思ったら)、それは子供が諦めている(反抗しても無駄と思っている)か、怒られたくないという萎縮の場合が多々あります。

しかしそのような親は子供の表面しか見ていない場合があるので、親の言うことを聞く「良い子」に映ることでしょう。

 

そもそも子供の教育なんて直ぐ効果が表れるものではないと思っています。

ある意味、10年計画や20年計画です。

しかし人はついつい目の前の即効性を求めてしまいます。

それはしょうがないかもしれないし、私も偉そうに人のことは言えません。

だけどこのようなこと(行動が伴っているか?)を日々振り返り、自分を見直しすることも大事です。

 

子供は親の言葉で理解するというよりは、親の言動により子供自身が感じて理解しなくてはいけない。

と思うのです。

 

 

最後に

このような記事の内容は私も日々葛藤していることです。

子供の教育と言いつつ、しょせんは自分との葛藤です。自問です。

そんなもんです。