読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

頭を空っぽにするとものごとがスムーズにいく


スポンサードリンク

 

日々生活をしていく上で、何をするにしてもごちゃごちゃと頭で悩んだり考えてしまったりして、結局何もやらない、もしくは進まないことってありますよね。

そんなときは、頭を空っぽにすれば大概スムーズにことが進みます。

 

頭と時間の無駄遣い

私はいつも何かしら頭の中で余計なことを考えてしまっています。

この「頭で考える」という行為も、何かを整理したり、ことの正否の判断として「考える」のであれば、それは有意義な頭の使い方です。

しかし、余計なこと、無駄なことで頭を使っていると、何かをする行為がなかなか進まないのです。

 

  • ブログを更新したいけど、どんな内容ならみんなに読まれるかな?
  • ブログのネタを考えたいけど、ちょっとのんびりしたいし、家に帰ってあれやこれもやらないといけないな~
  • 旦那と喧嘩して晩御飯作りたくないな~
  • 旦那の休日でもなんで私が子供と家事を一人でやらないといけないの?
  • 仕事で疲れて家に帰り、育児や家事を手伝いたいけど、疲れてるし、なんで俺がやらないといけないの?
  • 仕事で積極的に提案したいけど、周りにどう思われるか気になる。
  • 嫌いな上司の命令なんて聞きたくないな~

 

他にもたくさんあるかと思います。

ようは頭で考えていることが、否定的であり、やりたくない原因などで埋め尽くされているかどうかですね。

このような場合、結局何もやらないか、やったとしても中途半端、それでいて頭の中は更に悶々としてしまう。そんなすっきりしない結果になってしまうんですよね。

私なんかいつも悶々です。悶々太郎です。

 

でもこれってすごい時間を無駄にしているんですよね。

最近こういった「頭の無駄遣い」「時間の無駄遣い」を日々感じているのです。

 

 

頭を空っぽにすれば何でも出来る

頭を空っぽにして余計なことを考えずに実行する。これは自分にとっても周りにとってもとても効果的です。

 

私の場合で言うと、上の例でも書いていますが、「仕事で疲れていると家事をしたくない。何で俺が?」って思ってしまうことがあります。

ここで言う家事とは部屋が散らかっていたり、食器洗いが残っていたりなどです。

別に嫁さんから「やって」なんて言われませんが、嫁さんも他のことで忙しかったりして、「私も手伝わなければ」「でも疲れてるし何で俺が~?」と悶々とし、ついにはイライラが出てしまうこともあります。

そんなときは「疲れている」「嫁さんがどうこう」など考えずに、頭を空っぽ、もしくは他の楽しいことなどを考えるようにして、黙々と作業をこなすのです。

そうすれば、達成感あり、部屋もきれい、嫁さんからも感謝される。などすっきり感満載です。

もし仮に実行しなければ、頭はいつまで経っても悶々としてストレスが溜まってしまい、他のことすらやる気も起こらない。当然部屋も汚いまま。結局は気分が悪いまま時間が過ぎてしまうのです。

 

このブログだってそうです。余計なことを考えてしまい、せっかく時間をかけて記事を書いても削除してしまったり、もしくは何も書けなくなってしまったりなど。

仕事にしても、周りの目を気にして何も出来なかったり、やらないといけないと分かっていても「何で俺が?」「損な役回りじゃん!」とか思って進まなかったりなどです。

 

結局、やらないといけない、だけどやりたくない、そういった場合には、

「嫌々やるか」

「楽しんでやるか」

「何も考えずにやるか」

「何もやらないか」

のパターンしかありませんよね。

その中で嫌なことを「楽しんでやる」なんて私のような凡人にはなかなかできません。

ではどうするか?といったら「何も考えずにやる」のが一番なんです。

嫌なことを楽しんで出来ないのであれば、とりあえず何も考えずにやる。その結果、後から気分が楽しくなることもあります。

 

ですので、もし頭が悶々として何もする気が起こらない場合は、この「頭を空っぽにする」がおすすめです。