読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

悩んでいる暇はない。今目の前のことを一生懸命に頑張ろう!


スポンサードリンク

 

人の悩みなんてものは本当にキリがないものです。

悩みが解決した(もしくは忘れさられる)としても、また新たな悩みが出てきたり、前の悩みをぶり返したりと。

 

f:id:himuka14:20150514012053j:plain

 

悩みの大半は「悩んでもしょうがない」こと

私もつまらないことでよく悩んだりしてしまうことがあります。

ついつい悩んだり考えこんでしまう自分が嫌になるときもよくあります。

  • お金の悩み
  • 仕事の悩み
  • 勉強の悩み
  • 家族の悩み
  • 交友関係の悩み
  • 人間関係の悩み
  • 身体的な悩み
  • 将来の不安の悩み

細かいレベルで言えば、悩みなんてものは人の数だけあります。

しかし、悩みの大半は「悩んでもしょうがないこと」とはよく言われる言葉です。

当人にとっては、それは生きているのが辛いほどの悩みかもしれませんし、自暴自棄になるような悩みかもしれません。

悩みやその辛さは本人にしかわからないものです。

それでも、やはり「悩む」という行為は、自分で自分を痛めつけていることになります。

「悩む」ことと、「考える」ということとは違うということです。

 

さて、そもそも「悩む」とはどういう意味を持つのか?

1 決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、心を痛める。思いわずらう。「進学か就職かで―・む」「恋に―・む若者」「人生に―・む」
2 対応や処理がむずかしくて苦しむ。困る。「騒音に―・む」「人材不足に―・む企業」
3 からだの痛みなどに苦しむ。また、病気になる。「頭痛に―・む」「持病のぜんそくに―・む」
4 とやかく言う。非難する。
5 (動詞の連用形に付いて)その動作が思うようにはかどらない意を表す。「伸び―・む」「行き―・む」

引用元:コドバンク - 悩む

 

引用では「痛み」「苦しみ」「困る」といううれしくない言葉がありますが、 「考える」という行為にプラスして、苦しみなどが伴う場合のことを指すのでしょう。

 

ざっくりですが、「悩むこと」と「考えること」をこの記事内のこととして定義をすると、

まず 「悩むこと」は、その考えることに対して、辛くなる苦しくなるように心を痛めてしまうということです。

ではなぜ「悩む」(辛かったり苦しかったり)のか?

それは、今の自分の考えでは「解決しないから」とも言えます。

いくら考えても答えが出てこない。もしくはその答えを認めたくない、避けたい、という思いから、ゴールを見つけようとせず、都合のいい理想を追い求めている。というところだと思います。

つまり「自分で勝手に」悩んでいるのが大半かもしれません。

 

逆に、「考えること」は、何かしらのゴールに向かって、解決策を見出そうとしている行為を指します。

自分の出来ることなんてたかが知れてます。そんな中で自分なりに一番ベストだと思えることを考え、決断するしかありません。

考えて考えて、そして決断をしてしまえば、それが今の自分にとって「最良の選択」であるはずなのです。

 

ですので、結局「悩み」というのは、苦しみが伴うだけで、ことが良い方向に行くということはあまりない、ということです。苦しみ損です。

 

 

今目の前のことを一生懸命に頑張る

さて、ここまで書いておいて何ですが、決して「悩むこと」が一概に悪いと言うわけではありません。

悩むことによって、今の自分の心境や課題もわかるし、人の痛みもわかるというものです。

ただ、入り口は「悩む」から始まったとしても、「悩む」⇒「考える」⇒「実行」にシフトすべきということです。

 

「今目の前のことを一生懸命に頑張る」 

 これは、結局それしかないのですよね。

 

今抱えている「悩み」や「課題」に対して、自分なりのベストな選択を決断し、後は目の前のことを淡々とこなしていく。

その決断が失敗だと思えば、また考えて決断し実行する。その繰り返しであり、その結果が今でもあります。

結局、自分に「今あるもの」というのは、過去における「目の前のことを頑張った成果」でしかないということです。

 

悩んで苦しむだけでは得るものはあまりなかったはずです。

単なる時間の浪費でしかなかったかもしれません。

しかし、悩んで苦しんでも、少しでも目の前のことに向き合って努力したのであれば、それなりに得ているものはたくさんあるはずです。

その得たものというは、もしかしたら自分の欲するものとは違うかもしれませんが、気付かないうちに積み上げられているものです。

 

そもそも人生とは有限であります。

目の前のことを積み上げた結果が「今」であるとしたら、そして悩みに対して「悩んでいるだけ」だとしたら、そんな時間はもったいないですね。