読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

父親のための子供の絵本「象の背中 -旅立つ日-」はやっぱり泣ける。


スポンサードリンク

 

先日、子供の絵本で何か良いのがないかなと本屋に立ち寄ったら、ちょっと懐かしい絵本を見かけました。

「象の背中 旅立つ日」です。

 

f:id:himuka14:20150514015143j:plain

 

この絵本は結構有名なので知っている人も多いかと思います。

といっても私は、何年か前にどこかでこの絵本を読んだことがある、という程度なんですけどね。

 

本の内容は、家族4象の家庭で、ある日突然死神がやってきて、お父さんが死の宣告をされ、愛する家族を置いて旅立ってしまうという。短編絵本です。

 

昔に読んだときは、それはもう泣きそうになり、切なくなったものです。

そして先日たまたま見つけ、パラパラっと立ち読んだどころ、これまた泣きそうになりました。

 

実はよく知らないこの絵本は、元は「秋元康」の小説から始まり、映画も公開されたそうで、そしてアニメ化されたようです。

よくわからないので詳しくはwikiさんでどうぞ。

象の背中 - Wikipedia

 

この絵本を読むと、

  • 今ある幸せは決して「当たり前ではない」ということ。
  • 失って初めてわかる「今の幸せ」ということ。
  • 今ある悩みなんてものは「生きているからこそのもの」ということ。

そういったことに気付かされます。

 

悩んだとき、上手くいかないとき、腹が立ったとき、悲しいとき、そんな時にこの絵本を見ればきっと元気が出ることでしょう。

父親に一番見てほしいし、母親にも見てほしい、ほっこり、切なく、悲しい、それでいて元気の出る泣ける絵本です。

 

 

以下、動画でも楽しめます。(※動画を差し替え・追加しました)

 

象の背中 旅立つ日(完全版)動画

www.youtube.com

 

続・象の背中 動画

 

 

 

[新装版]絵本版 象の背中 -旅立つ日-

[新装版]絵本版 象の背中 -旅立つ日-

 

 

絵本版 続・象の背中 ―バトンタッチ―

絵本版 続・象の背中 ―バトンタッチ―