読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

仕事の失敗が許されるのは最初のうちだけ。であれば最初のうちにたくさん失敗経験を積んだほうがいい。


スポンサードリンク

 

気がつけばいつのまにかもう3月です。もう春はすぐそこです。

来月になれば巷は新入社員で溢れているのでしょうか。フレッシュさが眩し過ぎてあまり見たくありません。

新入社員であれば、どんなに強がっていても不安と期待が入り交ざり、落ち着かないことでしょう。

もしかしたらさっそく引き篭もる準備をしている人もいるかもしれません。

 

さて、私も新入社員として入社する前は、不安と期待と不安で、いっそのこと「お茶汲み係」”だけ”をやらしてくれないかなと思った記憶があります。

しかし最初の会社はとてもアットホームな雰囲気であり、新入社員は歓迎しつつ「しっかりかわいがり」「厳しく教え」「先輩・上司がしっかり育てる」という昔気質な会社でありました。

昔はこのような会社がまだ多かった時代かもしれません。

古き良き時代です。 

そんな恵まれた会社ではありますが、やはり新入社員であれば多くの失敗はつきものです。

当然ながら失敗すれば、注意され、叱られ、怒鳴られ、客先に何度も謝り、徹夜でミスを挽回したり・・・

しかし、そんな中でも上司・先輩への恨みや怒り憎しみなどは湧いた記憶はあまりありません。(忘れているだけかもしれませんが)

そこには上司や先輩の「責任を持って面倒を見る」という愛情も感じてました。

とても恵まれた環境でした。

 

f:id:himuka14:20150307001225j:plain

 

若いうちに「失敗」をたくさん経験する

新入社員にもかかわらず、自惚れなのかプライドなのかわかりませんが、妙に素直さがなく、自分の失敗を認めない人もいます。

もちろん理不尽なお叱りや、本当は自分の失敗ではない場合も多々ありますが、そこら辺は良い社会勉強ぐらいに思っておいた方がお得です。 

そして他には、仕事のミス・失敗などにより、注意や叱られたりするのが「耐えられない」人もいます。

まぁ昨今は愛情を持って叱ってくれる上司や先輩というのは少なくなっているのもわかります。

新人の面倒を見るどころか、責任を押し付けて逃げる上司も多いかもしれません。

しかし、やはり若いうちの方が「失敗」が多少許される(許されている)のは確かかと思います。

表面上はそんな風に見えず、罵倒・叱責を浴びる場合もあるかもしれませんが、新人であれば失敗してもしょうがないという気持ちは誰もが少なからず認識しているはずです。 

そして、失敗という「経験」というのは、例外も多々ありますが、さまざまな成長の基となります。

 

ここで「失敗」に関する名言をご紹介。

”私は人生で何度も失敗してきた。だから成功した。”

(by マイケルジョーダン(元NBA(プロバスケ)選手)

 

”間違いを犯したことのない人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ。”

(by アインシュタイン)

 

”失敗にどう対処するかで、会社が社員の良い発想や才能をどれだけ引き出し、変化に対応していけるかがわかる。”

(by ビルゲイツ)

 

”恥をかきながら、人は向上する。”

(by 斉藤一人)

 

”私は失敗したことがない。ただ1万通りの上手く行かない方法を見つけただけだ。”

(by トーマスエジソン)

 

ベテランだろうが良い年をした人だろうが、「失敗」を恐れるべきではないかもしれません。

しかし、上に行けば行くほど、責任や重圧、背負うものが大きく膨らんでくるものです。

失敗を許してくれる会社、許してくれない会社、いろいろあるかもしれませんが、やはり新人のうち若いうちは、それだけ「失敗」へのダメージは少ないはずです。

ただ過剰に恐れなければ。

であるとすれば、若いうちに「失敗」を多く経験することは大いに「お得」なのかもしれません。

そして「失敗」を多く経験することにより、「失敗」を(必要以上に)恐れない耐久が付けば、それは尚更自分の財産になるものです。 

若いうちはプライドや羞恥心などよりも、謙虚さと素直さを武器に多くの「失敗」を経験すれば、それだけ多くのものを得られる・・・かもしれません。

 

最後に

この記事を書きながら、自分の新人のときはどうだったか?

などと思い返してみると、「失敗」をした後はそれを過度に気にするようなことはあまりありませんでした。

ただ責任感による挽回意識は強かったです。

では失敗を恐れず何事も積極的にチャレンジしてきたかというと、そうでもありません。

根は臆病なんです。

本文にも書きましたが、やはり年齢を重ねてからよりも若い方が「失敗」が許されやすいし、若い方が耐久があるかと思います。

私も、やはり今現在と比べれば、若いころの方が「失敗」や「苦難」などは、責任を感じつつも前向きに頑張れたものですが、歳を重ねるごとに落ち込んだりすることが増えたものです。

それでも、若さとは違う「失敗」への耐久は、それなりに学んでいくものです。

どちらにしろ「失敗」も「成功」も”経験すること”が大切ということでしょうか。

そして、その経験から”何を学ぶか”によって人の成長に大きく関係してくるのでしょう。

  

<関連記事>

「自分に自信がない人」「自信が持てない人」の対処法 - 空飛ぶ畳

「コンプレックス」なんて犬のエサにもなりゃしない。それだけ自意識過剰ということ。 - 空飛ぶ畳 

仕事が辛いときは思い切って「開き直る」ことが良い方向に行くかもよ。 - 空飛ぶ畳