読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

左後頭部の頭痛が増えている。左後ろの頭部に「ズキ」っとくる原因。


スポンサードリンク

 

(※2016/04/06:記事更新)

左後頭部がズキズキとする頭痛を抱える人が増えているようです。

私の周りにも左後頭部に痛みがあったという人は何人かいました。

 

f:id:himuka14:20150117004230j:plain

 

私も以前この左後頭部の頭痛に長い期間悩まされていました。

「ズキズキ」としてなかなか痛い神経痛です。結構しんどかったです。

そして、そのときの様子は以前の記事に書きました。

スマホやパソコンのやり過ぎに注意!「ストレートネック」からの頭痛が急増! - 空飛ぶ畳

 

まぁ上の記事に書いてある程度の知識しかありませんが、

このブログのアクセス解析などを見ていると、「左後頭部頭痛」「左後ろ頭部の痛み」「後頭神経痛」などのキーワードで、検索流入されてくる方が最近どんどん増えています。

それを見ていると、やっぱりこの左後頭部の痛みを抱える人は最近増えているのだなととても感じます。

 

左後頭部の頭痛(後頭神経痛)の原因

上の記事からの引用です。

後頭神経痛とは、主に左後頭部(左耳後ろ辺り)に「ピキッ」「ズキッ」といった痛みが走るような現象です。
その間隔は人ぞれぞれかもしれませんが、1日に数回の時もあれば数時間おき、ひどい時は数分おきで痛みがくるときがあります。
その痛みは偏頭痛のような痛みとも違い、「イテテテテッ」とつい叫んでしまうような瞬間的な痛みです。
この病気は、その名の通り「後頭部にある神経」が刺激され痛みを伴うものです。
人の後頭部には「大後頭神経」といった神経が走っているそうで、この神経が何かしらの原因で刺激され、ちょい激痛が走るということです。
しかし、このように後頭部(左耳後ろ辺り)に痛みが走るからといって「後頭神経痛」だというわけでもないようです。
あくまで「後頭神経」が刺激されているかをMRIやCT、レントゲンなどで検査して判断されるようです。

 

左後頭部の頭痛(後頭神経痛)の原因は様々にあります。

上の記事と重複した内容ですが、やはり昨今急増している原因としては、以下の原因が多いような気がします。

  • パソコンなどの長時間のデスクワーク
  • スマホなどの長時間使用
  • 姿勢が悪い、姿勢が傾いている
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • 目の疲れ
  • ストレス

これらで共通する部分が、「姿勢」と「目の疲れ(眼精疲労)」です。

 

左後頭部の痛みの原因:「姿勢の悪さ」

パソコンなどを長時間使用する場合、だらけたような姿勢で使用していないかを注意する必要があるかもしれません。

もしくは左右どちらかに体が傾いていたりなど。

スマホも同様に、知らぬうちに姿勢が傾いている場合があります。

それは常に「下を向く」姿勢を長時間続けていたり、「片方の手」だけで長時間持っていたりなど。

他にも歩く姿勢、座る姿勢などが悪い傾向があるのかもしれません。

そんな些細な姿勢のズレが蓄積されることによって症状が出る可能性もあります。

 

 左後頭部の痛みの原因:「目の疲れ(眼精疲労)」

これもパソコンやスマホの長時間使用の影響があります。

後頭神経痛の症状の一つとして、目の疲れや目の奥の痛みなどがあります。

これは逆に、目の疲れ(眼精不労)が原因で後頭神経を刺激してしまう可能性があるということです。

 

私の勝手な憶測ではありますが、このように最近の症状の原因としては、第一に「姿勢」が悪いこと、第二に「目の疲れ(眼精疲労)」であることが多い気がします。

そして「ストレス」が原因ということも多いそうです。

ストレスは神経に影響を及ぼすとよく言われています。

ストレスを溜めこんでしまうことにより、神経や筋肉などに微妙な変化をもたらしてしまうのでしょう。

 

この記事を見ているということは、きっと左後頭部のズキっとした痛みを持っている人だと思いますが、まずはこの左後頭部の頭痛(後頭神経痛)と思われる症状がある場合は、以下の対策をしてみて下さい。

  • 姿勢を正す
  • 目や体の疲れを癒す
  • 肩の凝りをほぐす
  • ストレスを溜めない

 

ただ後頭神経痛の原因は、他にも当然いろいろあります。

これらはあくまで個人的参考程度にしてもらえればと思いますが、きっとこの症状がある大半の人は上記で書いた内容が原因ではないかと思います。

 

左後頭部の頭痛(後頭神経痛)の症状は、通常は10日前後で治まると言われています。(もちろん個人差はありますが)

それでもなかなか症状が治まらない、もしくは何となく気になる、このような場合は、病院で診てもらうことがやはり一番良いかと思います。

 

 (首の痛み・首の癒しにオススメ!)

安心の日本製 ストレートネック枕「癒されネックフィット枕」

 

 

【合わせて読みたい】