読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

ブルーライトカット用のメガネを購入してみた。ブルーライトって何?その効果は?


スポンサードリンク

 

このたび新たにメガネを買い替えたのですが、どうせならと思い「ブルーライトカット」のメガネにしてみました。

巷ではブルーライトカットのメガネは「効果がない」「いや効果あるぞ」「しかし科学的根拠はない」などと言われているとかいないとか・・・

 

f:id:himuka14:20150110003600j:plain

 

メガネはあくまで家用として使用していましたが、基本はコンタクトレンズでした。

しかし家用メガネが破壊されたことにより、脱コンタクト(以下「脱コン」)を決意したわけです。

コンタクトレンズからメガネに変えてみる。目の安全を優先しよう。 - 空飛ぶ畳

 

 

せっかく脱コンをしてメガネを常用するのですから、前から興味があった「ブルーライトカット」のメガネにしてみました。

 

ブルーライトカットとは

今さら感があるのかどうかわかりませんが、そもそも「ブルーライト」とは何ぞや? と思っている人もいるとかいないとか。

ブルーライトとは、青色の光、特に高周波で比較的高いエネルギーを持つ可視光線として光のことである。
光は波長によって色が異なり、青色は可視光の中でも最も波長が短く、エネルギーが高い部分に属している。
なお、さらに波長が短くなると不可視光線である紫外線になる。
PCやスマートフォンを長時間にわたり見続け、ディスプレイから発せられるブルーライトに目をさらし続けると、
網膜が傷つく恐れや、目の疲れによるさまざまな弊害(VDT症候群)が生じる恐れがあると指摘されている。
こうした危険は「ブルーライトハザード」と呼ばれる場合がある。
最近では、ブルーライトをカットする機能をうたうメガネや液晶保護フィルムなどが多く登場しており、
注目を集めている。特にメガネは「PCメガネ」などとも呼ばれる。

引用 - IT用語辞典バイナリ

 

この「ブルーライト」は、自然光や蛍光灯などからも発せられていて、そこらじゅうに普通に溢れています。別にPCやスマホだけから発せられているわけではありません。

しかし、少し昔は照明や、PCなどの液晶バックライトは蛍光管が主流でしたが、最近ではすっかり「LED」(青色光=ブルーライト)が主流となっています。

この「LED」がパソコンやスマホ、ゲーム機などで使用されることにより、ブルーライトを目に多く浴びてしまう機会が増えてきたということです。

 

f:id:himuka14:20150109234433j:plain

 

上の画像にも書いてあるとおり、「ブルーライト」は「紫外線」の波長に近い、強いエネルギーを発しています。

紫外線はよく「UVカット」などで、皮膚や目などへの悪影響が懸念され、紫外線を浴びないように注意する人は多いかと思います。

これと同じように、紫外線に近い「ブルーライト」も、目にとって悪影響を及ぼすと考えられ、「ブルーライトカット」のメガネが世に騒がれるようになりました。

但し、ブルーライトカット用メガネとはいっても、「ブルーライト」をカットするのは「30~50%」と言われています。それでも大きな違いだとは思います。

 

 

ブルーライトカットメガネ(PCメガネ)は効果があるのか?

冒頭でも書きましたが、ネットなどで調べたりしても、効果は「ある」とか「ない」とか言われています。

実際にはまだ科学的根拠が立証されていないこともあり、効果の有無うんぬんというようりは、「実感」があるかないかの違いではないかと思っています。

「実感あり」=「ブルーライトカット良いわ~」

「実感なし」=「ブルーライトカット胡散臭いわ~」

というだけかと。

 

しかし上でも書きましたが、紫外線は有害であり、そしてブルーライトはその紫外線に近い波長のエネルギーです。

それだけでも「害はない」訳はないような気がします。(パソコンやスマホなどで長時間ブルーライトを浴びている場合ですが)

やはり、実感があろうとなかろうと目への負担は蓄積され、数十年後にはどのような影響を及ぼしているかは気になるところです。

 

それにブルーライトカットのメガネは、茶色などの色が付いて抵抗がある人もいるかと思いますが、私の買ったメガネはかなり薄い色です。

ほとんど目立ちません。

それだけカット率が低いのかもしれませんが、この色がメガネ屋の標準ですのでそんなことはないと思っています。

 

新しいブルーライトカットのメガネは購入したばかりで、目への負担や疲れなどの効果は実際にはまだわかりませんが、なかなか良いような気がします。

 

 

最後に

なんかメガネ屋の回し者のような記事になりましたが・・・違います。

それでもコンタクトレンズからブルーライトカットメガネに変えたのは正解かと思っています。

それはやはり数十年、何十年後の目の状態が気になってしまったからです。

(目の他にも気にすべきところはたくさんあるのですが)