空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

コンタクトレンズからメガネに変えてみる。目の安全を優先しよう。


スポンサードリンク

 

私は十代のころからコンタクトレンズを愛用しています。

ですが、アラフォー年齢になった今、ここいらでコンタクトレンズを辞めてメガネに変えてみようかと思います。

 

家ではメガネを使用していますが、それでも朝会社に出勤するときから夜の寝る直前までは、ほぼコンタクトを装着したままです。

一日平均で軽く15時間は装着しています。

 

f:id:himuka14:20150102020356j:plain

 

コンタクトレンズよりもメガネの方が安全?

目への負担はコンタクトレンズの方が少ないのか? メガネの方が少ないのか?

これらはどちらにもメリット・デメリットがあるようで、一概にはどちらが良いかとは言えないようです。

 

コンタクトレンズのメリット・デメリット

<メリット>

  • メガネと違って歪んで見えたり角度によって見え方が異ならない
  • メガネより視野が広い
  • 目に直接装着するため物理的煩わしさがない
  • 乱視の矯正力がある
  • スポーツに適している

<デメリット>

  • 目の角膜に装着するため傷付ける恐れがある
  • 目が酸素不足になりやすい
  • 目にゴミが入ると痛い
  • 手入れが面倒
  • つい長時間装着してしまう(目への負担がかかる)

 

メガネのメリット・デメリット

<メリット>

  • コンタクトと違って角膜に触れないため目への安全性がある
  • 目が疲れたときなど付け外しが簡単
  • 日々の手入れが不要
  • 紫外線がカットされる(コンタクトもカットされる?)

<デメリット>

  • 度が上がると見るものが小さく見える
  • 見る角度により歪んで見える
  • 見える視野が狭い
  • 装着時の物理的な煩わしさがある
  • スポーツなど運動時に適していない

 

あくまで一般的に言われていることですね。

自分が今現在どのような状況で、どのような形での目の補強が適しているのかによるかと思います。

人によってメリット・デメリットが有効になることが異なるということです。

 

そのような意味では、私は十代のころから三十代まで、サッカーなど運動をよくしていたのでコンタクトレンズの方が適していました。

そして何よりメガネがとても似合わないという致命的な理由もあり、コンタクトを愛用しいたしだいです。

しかし、最近はさすがに運動もすることもなくなり、仕事では常にパソコンと向かい合っているため、目の疲れが常にある状態でした。

パソコンなどによる目への負担は今に始まったことではないのですが、いまだに年々視力は悪くなる一方です。

これは決して「コンタクトだから」というのは関係ないのかもしれません。

メガネであったとしても同じかもしれません。

しかし最近思うことは、コンタクトを装着している時間です。

冒頭でも書きましたが、一日平均15時間装着しています。仕事中に目が疲れてきても「ちょっと外して目を休めよう」なんてことは出来ません。

 

そして何より、目への負担は、コンタクトとメガネで実際にはどちらが少ないのか? ということです。

上で書いたそれぞれのメリット・デメリットにもありますが、コンタクトレンズの方が、目にフィットしている分、見え方の歪みや角度による違いがないため、目の疲れは少ないように感じます。

しかし、長時間装着することにより、目への負担は決して少なくないということ。ちょっと外して目を休めるということが出来ないこと。

何より角膜に直接装着することにより、角膜炎や角膜潰瘍など角膜へのキズが怖いと思うようになりました。

コンタクトレンズの場合、目への負担や安全性を考えるのであれば、やはり装着時間や手入れをしっかりすべきだと思います。

 

以上のような理由で、若干こじつけもありますが、そろそろコンタクトレンズを卒業し、メガネを常備装着しようかと思うようになりました。

目の病気や怪我はホント怖いですからね。

失明なんてことは決して他人事ではないようにも思うようになりました。

 

 

最後に

コンタクトからメガネに変えようと思ったそもそもの発端は、家用のメガネさんが、4歳になる息子のヒップアタックにより重症を負ってしまったからです。

レンズは大丈夫だったのですが、横のレンズ止めがボキッと逝ってしまいブランブラン状態でした。

何とかかけることは出来ましたが、先日ついに取れてしまったのです。

そのことが切っ掛けとなり、常日頃の目の疲れも気になることから、脱コンタクトを考え始めました。

そして本記事のように「やっぱりメガネの方が良いよね」というこじ付けを一生懸命考えました。

 

でもやっぱりこれからはメガネだよね。