読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

人生は先を見ると長いと感じるが振り返ると短いと感じる。だからこそ今現在を大切に。

人生の悩み

スポンサードリンク

 

2014年。今年も残すところ後1週間と少し。

年の瀬のこの時期などは、特に1年があっという間に過ぎてしまうことを痛感する。

 

f:id:himuka14:20141221022535j:plain

 

人生、人の一生とは、「長い」と感じる人もいるが、「短い」と感じる人もいる。

当たり前のことであるが、それは人それぞれの日々の過ごし方、過ごした年数、現在の状況によって様々に感じることである。

 

ただ、基本的に人は、過去を振り返るか、未来を見据えてか、によって、長い・短いと感じる感覚が違うのではないかと思うのです。

それは、「過去を振り返った時には短く」感じ、「先(未来)を見据えると長く」感じるのではないだろうか?

もちろん現在の自分の年齢によっても、その感じ方には差があると思うが。

 

よく「歳を取る毎に年々時間が経つのが早く感じる」といったことを聞くし、私もそれはそう感じてしまう。私は現在アラフォーの年代であるが、10代・20代の頃に比べると恐ろしく時間が経つのを早く感じる。

これは先に述べた「過去を振り返った時には短く」感じ、「先(未来)を見据えると長く」感じるといったことだと思う。

 

振り返る過去が長ければ長いほど、先(未来)が段々短くなっていくほど、「長い」「短い」の比率が変化していくことだから。

やはり10代など、まだ学生の子供の時期の場合は、そうそう過去など振り返らないような気がする。少なくても私は「現在」と「未来」しか見ていなかったと思う。

その場合は人生は長いと感じるか、または何も感じていないか、であって、少なくとも人生は短いと感じる人は少ないのではないだろうか。

逆に50代・60代(40代も?)ぐらいになると、先(未来)を見ないわけではないが、「死」というものを実感せざるを得ない年頃になってくる。そして過去を振り返る(思い出す)ことの方が多くなってくるのではないだろうか。

このように考えると、「歳を取る毎に年々時間が経つのが早く感じる」というのもわかる気がする。

 

 

今日の記事で何が言いたかったかというと、やはり「人生は短い」「人生はあっという間」であるということ。

そして、だからこそ「自分の人生を全うする」ことを目指すべきであるということ。

人は必ず歳を取っていく。そうすると上で書いたように過去を振り返ることが多くなるし、あっという間の短い人生を感じるようになる時がくるはずである。

その時に、どれだけ人生を全う出来たか? 完璧ではなくとも自分で納得のいく人生であったか? などが重要になってくるのではないかと。

要は自分の人生に後悔があるのかないのかということです。

 

では、自分の人生を全う出来たかどうかを感じるためには?

これは十人十色であり、人それぞれ自分で感じるべきものではあります。

ただ、私の意見としては「今」「現在」を大切にしているかどうかで決まるような気がします。

 

別に

  • 大きなことを成し遂げたか
  • 社会的地位を手に入れたか
  • 大きな財産を手に入れたか
  • 裕福な生活を手に入れたか
  • 自分のやりたいことをやってきたか

このようなことは全く関係ないかと。もちろん向上心は大切だけど。

そうではなく、自分の今現在置かれた状況の中で、どれだけ時間を大切にし、自分なりに一生懸命に生きているかということ。

世間の言う「勝ち組」なんてものは関係ないし、陰日向(かげひなた)も関係ないです。

 

やはりアラフォー年齢になってくると、人生の短さを痛感すると共に、若干の焦りも感じることがあるのです。

そしてもっと時間を大切にしないとな~と。

こんな風に思い感じる今日この頃です。

 

 

最後に

人生80年と考えると、私は折り返し地点ぐらいの位置にいます。

まぁ80年も長生きできる気はしませんが。

そう考えて人生60年と考えると後僅かな感じがしますね。

 

こんな風に感じてしまうのも、やはり「俺も歳を取ったな~」ってことでしょうか。

子供の成長を間近で見ているせいかもしれません。