空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

子育ては子供の成長もあるけど親の成長も大きいのである。


スポンサードリンク

 

子育ての大変さはよく聞く話ではある。

子育てにおいては、子供の成長が常に中心に考えられるけど、子育てを通した親自身の成長もきっと計り知れないと思う。

  

f:id:himuka14:20140701002152j:plain

 

子育てとは、子供を立派に育てようとすることが目的ではあるけれど、如何に自分が親として、大人の人間として、未熟であるかも痛感するものである。

 

人は、何か物事が上手く行かないときに直面すると、悩み苦しみを経て、そこから努力する頑張りにより成長するものである。

それは人との関わり合い、つまり人間関係においての場面がほとんどであると思う。

価値観の違いや、思いやりの未熟さ、人の気持ちがわからない、感謝の心が足りない、独りよがりの思考、などなどを痛感して、人は心を成長させていくのではないでしょうか。

であるとすれば、人は社会に出て、苦労が多ければ多いほどいいのかもしれない。

嫌な上司、うるさい顧客、生意気な部下、気が合わない近所付き合い、などいくらでもある。

自分の思い通りに行かないことを経験することにより、多くのことを考え、学び、自分自身に問いかけることにより、人は成長していくのであると思う。

 

そのように考えると、子育てとは自分を成長させる格好の場である。

自分が大人になり、社会に出てそれなりに嫌なことに直面したとしても、しょせん大人同士のやり取りである、という見方もできる。

しかし、子育てにおいては、相手は大人の理屈や都合がまったく通じない子供である。それどころか、最初は言葉すら通じないのである。

 

確かに子育ては大変である。

何もわからない、何も出来ない子供を相手に、ついイライラしてしまったり、本気で怒ったり、悩み過ぎてしまったりなどしてしまう。

私も何だかんだ言っても、子供に対してイライラしてしまうことは度々あった。

しかし、その度に「自分の未熟」さを痛感する。

小さい子供相手に「俺は何をイライラしてるんだ」と。

この「イライラ」というのは、結局は自分の思い通りに行かないが故に発生する感情である。

自分の思い通りに行かないから「機嫌が悪くなる」「イライラ」するというのは、子育ての場ではなくてもよくあることだと思う。

しかしこれは子供の駄々っ子と一緒である。

つまり、小さい子供相手に、一緒になって駄々をこねているのである。

大の大人がである。

 

このように考えると、子育てでイライラしたり、思い悩んでしまうのは、子供が原因だけではなく、旦那や妻の原因だけでもないのである。

自分の心の未熟さゆえに起こる感情であることも大いにあるはずである。

そのような感情を自分自身で認識することにより、子供との接し方もきっと変わっていくと思う。

「上手く行かないことが決して悪いわけではない」

「何も出来ない子供の立場になって考えてみよう」

「親の言うことを何でも聞く子が良いとは限らない」

「子供はやりたいことだけをやっていたいのだ」

「子供には子供なりの成長過程があるのだ」

 

このようなことを頭の片隅にでも入れることが出来れば、子育てを通じてきっと成長していくはずである。

 

 

最後に

結局何が言いたかったかと言うと、人は常に「自分自身の成長」を考えるべきだということ。

そして子育ては、その格好の場ということです。

 

少し昔にTBSのドラマで「とんび」というものがありました。

内野聖陽が演じる父親と、佐藤健が演じる子との、親子愛ドラマです。

その最終話の中で、父親(内野聖陽)が人の親になった子供(佐藤健)への助言として、

「親が子を育てるんじゃない、子が親を育てるんだ」

というようなことを言うシーンがありました。

正にそのとおりだと感動した記憶があります。

 

結局、大人と子供という、成熟した人間と生まれたばかりの小さい人間が、お互い切磋琢磨して成長していくのが子育てではないかということです。

確かに子育ては子供のことを第一に考えるべきではあります。

しかし、それを通じて得るものは、計り知れないということ。

 

子育ては確かに大変です。男である私の立場から言うとわかっていないと言われるかもしれない。

子育ての大変な時期真っ最中であれば、こんなことを思える余裕も無いとは思う。けれども、一段落ついたときにでも振り返ってみれば、多くのことを学べるはずである。

 

 

とんび (角川文庫)

とんび (角川文庫)

 

 

 

とんび DVD-BOX

とんび DVD-BOX