空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

サッカーアギーレジャパン快勝(6-0)!対ホンジュラス戦のちょっとした感想


スポンサードリンク

 

今日(正確に言えば昨日)の11月14(金)にアギーレジャパンがホンジュラス代表との試合で「6-0」と快勝した。久しぶりの日本代表の爽快な勝ちっぷりだ。

 

f:id:himuka14:20141115012452j:plain

 

今日の日本代表サッカーは、実はちゃんと見ていない。

見始めたのは前半終了ぐらいの本田のゴール辺りからで、その後は子供に振り回されながらチラ見していた感じだったので、後で録画できちんと見たい。

対ホンジュラス代表の試合結果

結果は「6-0」と大量得点と共に無失点に抑えた最高の勝ち方です。

1点目:遠藤(たぶん)のコーナーキックからのこぼれ球を吉田がヘディング

2点目:長谷部のクリアからのカウンターで本田がキーパーと1対1の状況で蹴りこむ

3点目:相手ゴール前で細かいパス回しから最後は遠藤のミドルシュート

4点目:交代で入ったが本田の溜めこんだ絶妙なパスでフリーで蹴りこむ

5点目:交代で入った豊田が相手ゴール前で粘った香川のこぼれ球を蹴りこむ

6点目:がゴニョゴニョと蹴りこむ(忘れた)

(※太字が得点者)

確かこんな感じであったかと思う。

間違っていたらすみません。動画がなくてごめんなさい。

 

 

ほぼ全員が機能した

f:id:himuka14:20141115012523j:plain

 

前半はほとんど見ていないのでわからないが、交代選手含めほぼ全員が攻守に渡りとても動きが良かった。

動きが良かったのいうのは、みんなで守り、みんなで攻める。これをするにはかなりの運動量が求められ、かつ、その動きが機能しないと単に疲労するだけである。

しかし機能すれば、そこにはリズムが加わり、俗にいう「良い流れ」を生む。

これらが今回見事に機能し、それでいて決定力不足と言われた「得点」が加わり最高の結果になった。

 

今日の得点で一番印象に強いのが、本田のゴールである。

続いて、乾、豊田のゴール。

サッカーで強いチームというのは、如何に決定的チャンスの場面で得点を決められるかということかと思う。

本田のカウンターによるキーパーとの1対1の場面というのは、サッカーの世界では意外と決められないことが多い。

しかしこのような決定的な場面で得点できる「決定力」が大きな差を生む。

乾、豊田のゴール前でフリーで蹴りこむ場面も然りである。

一見ごっつぁんゴールに見える人もいるかもしれないが、相手ゴール前にそれだけ人数が居ることがとても重要であり、混戦のこぼれ球を拾ったときに「確実」にゴールに決め込むことが勝敗を左右するものである。(伝わるかな?)

遠藤のゴールは、これはスーパーゴールである。さすが遠藤であるし、このようなゴールはとても興奮するが、やはり広い意味・長い目で見ると先の一見難しくないように見える本田や乾や豊田のシュートでゴール出来るかが重要なことだと思う。

 

そしてサッカーは得点だけが全てではない。

サッカーというのはゴールした選手や、派手なプレーで目立った人が注目されやすいが、サッカーの面白いところは実は影の功労者がきちんといることである。

それらはボールに触れていなくても、攻守の動きによって活躍しているものである。

今日の試合で言うと、長谷部はさすがと言うしかない。ゴール得点者以上の活躍でもあると思う。

他にも内田、酒井(漢字合ってる?)、岡崎などの影の功労の影響は大きい。

正に(ほぼ)全員が機能した試合なのである。

 

 

個人的に今一番の注目は「柴崎 岳」

今日は遠藤の代表復活によりベンチスタートとなり、交代後も大して目立った動きはなかったかもしれないが、私の中では今かなり「期待大」である。

実は私はこの柴崎はアギーレジャパンで初めて知った選手である。なぜかと言うとJリークを見ていないから。

初めて日本代表の試合で見た瞬間に、「この上手いの誰だ?」と一番記憶に残っている選手。とにかく上手いという印象である。

テレビでは、遠藤が活躍したり、話題になる度に、柴崎の顔が映像に出ていたのが印象的である。ポスト遠藤と言われライバル視されているからであるが。

アギーレジャパンもそろそろ結果が求められていたし、現時点で実力者で即戦力の遠藤が招集されたが、この柴崎には私を含め多くの人が期待している選手の一人だと思う。

 

 

最後に

ホンジュラスは決して6-0で日本に負けるほどの格下ではない。

FIFAランキングや実力的には多少日本の方が上かな?とういうレベルだと思う。

今日の試合でも相手の良い所はあまりなかったかもしれないが、それだけ日本が圧倒していた。

そしてベテランと若手の融合により、お互い競い合い、更に強い日本代表をアギーレジャパンには期待している。

 

そして久しぶりのブログ更新・・・