読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

最近「歳とったな」とか「おっさん」になってきたなと感じること


スポンサードリンク

 

f:id:himuka14:20140821235006j:plain

最近妙に「俺もおっさんだな~」とつくづく感じてしまいます。

歳を考えればまぎれもなく「おっさん」なのはわかっているのです。

しかし人は「歳は取ったけどそんなに見た目も中身も変わった気がしないな~」なんて寝ぼけたことを思っているものです。

思いたいだけかもしれません。

 

ええ、悲しい人の性です。

 

とは言ってもやはり自分は「おっさん化」してきていると感じてしまう今日この頃です。

そんな「俺もおっさんなんだよな~」と感じてしまうことをあげてみます。

 

1.「よいしょ」が頻繁に出る

よく言われている「よいしょ」「よっこらしょ」「よっこらせ」「どっこいしょ」。

まぁ別に何でもいいのですが。

この「よいしょ」が頻繁に出るようになってしまいました。

座っていて立ち上がろうとしたとき、重いものを持ち上げようとしたときなどです。

自分の家庭内でなら別にかまわないのですが、最近は会社でも外でもどこでもついポロっと出てしまうことがあるのです。

 

もうおっさんを通りこして実はおじいちゃんではないかと心配するほどです。

そして「よいしょ」の後に余計なもう一言も・・・

「ん、よいしょ」

「あ!よいしょって言っちゃったw」テレ

周りに知り合いがいるのであれば、その人に向けた言葉になるが、これを一人のときに独り言で言ってしまうことがあります。

もうおじいちゃんを通りこしてボケの領域に片足突っ込んでいるのではないかと心配するほどです。

 

 

2.テレビに映っている「おっさん」が年下だった

人は老けて見える人と若く見える人がいます。

しかしテレビに出てくる、どう見ても「おっさん」としか呼べない人が、実は自分より年下だったりすると妙に考えてしまいます、というかショックを受けます。

 

その年下のおっさんの頻度が増えてくると、自分のおっさんを自覚しないわけにはいきません。

「この人老けてんな~w」では済まなくなり、「俺もこんな感じなんだろうな・・・」となってしまい、この「・・・」が増えてきた気がするのです。

 

 

3.若い頃の話をするようになった

嫁さんと話すときも、会社の同僚と話すときも、なんか昔の話題をすることが多くなった気がします。

「俺も若い頃は~」

なんておっさんが若い人を捕まえて話をするときがありますが、若い人にとってはこれほどつまらない話はありません。

実際私も大嫌いです。

何がつまらないかというと、おっさんは「俺も若い頃は~」の同じ話を何回もするからです。

(もう何十回も聞いたわ!)

 

幸いに私はそこまではまだいっていないと思います。たぶん。

 

これはやはり若い頃の方が輝いていたということなんでしょうか。

そして逆に若い頃に比べ、今はそれほど輝いていないということなのかもしれません。

昔の自分を思い出して「あの頃はあんなことがあったな~」ぐらいならいいのですが、昔の話ばかりしているようでは「おっさんしっかりしろよ!」ですよね。

 

 

4.筋肉痛が2日後にくる

すっかり運動もしなくなり、体も鈍ってきたこの体。

ちなみに私は太ってもいなければ腹も出ていません。

この筋肉痛が2日後にくるというのは最近ではなく、もっと昔からありましたが、これが面白いように2日後に来ます。

 

30代前後の頃はその日か次の日に来てました。

しかし30代中半ぐらいから見事に2日後にくるようになったのです。

 

運動や、重いものを持ったりなど。

「あれ?今回は筋肉痛来なかったな」

な~んて思いきや、その次の日に一気にやってきます。

 

最近なんて2日前のことなんて覚えていないことがあるので、そんな時に急に筋肉痛がやってくると。

「あれ?何で?」

「俺なんか運動したっけ?」

なんて嫁に聞いてしまう始末です。

 

2日前のことが忘れがちということも問題ありますが、自分では運動系なんてしていないつもりでも、些細な筋肉使用で筋肉痛になることがあるということです。

もう正に「おっさん」ですね。

ハハ・・・ 

 

5.加齢臭が気になる

若い頃は当然気にすることなんてありませんでした。

最近は汗をかいた後の匂いも気になりますが、普段のときの匂いも気になり始めてしまいました。

しかし自分の匂いは自分ではなかなか気づかないものです。

自分で自分の匂い(臭さ)に気が付くとすれば、それはよっぽど匂い(臭さ)が出ていると言うとか言わないとか・・

 

正直この加齢臭が自分に出始めているかはまだわかりません。

出ていないことを願いたいですが、そろそろ気にしないわけにもいきません。

 

そこで勇気を振り絞って嫁に聞いてみた。

俺「ねぇ俺って加齢臭とか出てるかな~?ハハッ」

嫁「う~ん。そうだねぇ~どうだろう?」

(はっきり言えや!)

 

これは「特に匂いなんてしないからわからない」って意味なのかもしれません。

しかしうちの嫁はたま~に要らぬところで気を遣うことがあります。

傷付きやすい私を思いやってくれているのでしょうか?

その気遣いが余計に私を傷付けるかもしれない・・、しかしそこまではいつも気が回らない嫁です。

 

そこで私は加齢臭対策として、とりあえずボディーソープを変えてみることにしました。

「デ・オウ」です。

 

デ・オウ 薬用クレンジングウォッシュ ポンプタイプ 520mL 【医薬部外品】

デ・オウ 薬用クレンジングウォッシュ ポンプタイプ 520mL 【医薬部外品】

 

 

どこまで効果があるのかははっきりとわかりませんが、結構スッキリして良い感じです。

「男のニオイ徹底洗浄」

「加齢臭まですっきり!」

これでもうしばらくは加齢臭対策も大丈夫だろうと思いますよ。

 

そんなある日、会社から帰宅後、汗だくの私はシャワーを浴びてスッキリ出てきたところ、嫁が近寄ってきて「くんくん」と私の匂いを嗅ぐではありませんか。

 

あれ?さっそく良い匂いしてる?と思いきや

「なんか体育館の匂いがするねw」

(しねーから!)

 

※注:体育館の匂いなんてしません!

 

 

最後に

まだまだ「おっさん」要素はあるのですが、キリがないのでこれぐらいにしておきます。

もしかしたら「おっさん」とは関係のない要素もあるかもしれませんがそこは気にしないで下さい。

 

この「おっさん」対策をするには、まず自分が「おっさん」であると自覚する必要があります。

自覚したくないが現実から目を逸らしても何も進みません。

 

でも・・・しかし・・たぶん、俺はまだ「おっさん」じゃない! 

 

 

オッサンになる人、ならない人 (PHP新書)

オッサンになる人、ならない人 (PHP新書)