読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

サッカー日本代表よ胸を張ってくれ!ザックジャパンは楽しかった!


スポンサードリンク

 

サッカー日本代表のワールドカップが終わっちゃいました。とても寂しいです。

結果としては惨敗でした。

でも選手は悔しいのはしょうがないかもしれないけど、私たち応援側が日本を叩くのはちょっとまてや!と言いたいところです。

 

 

日本はガチンコ勝負しすぎ

日本はW杯の前まではそれなりに結果を出してきました。

強豪国ともそれなりに良い試合をしていました。

だからこそ国民は日本に期待し、代表選手も自信を持ち、結果を残せると信じていたW杯だったと思います。

 

それだけ自信満々で挑んだW杯でしたが、思うように結果が出ず「自分たちのサッカーが出来てない」「自分たちの攻撃サッカーを」としきりにみんな言っていましたね。

これって結果が出なかったことに対して、「これは本当の自分たちではない」「こんなはずはない」といったことに囚われすぎてしまったのではないかと思うのです。

つまり”攻撃サッカー”のガチンコ勝負で結果を残すということに囚われ過ぎていたということではないでしょうか。

 

それだけ自信もあったかと思うし、周りもそれが出来ると信じていたかもしれません。

だけど攻撃サッカーという形”にこだわり過ぎだったと今にして思います。

いや、こだわり過ぎもそうだけど相手を無視し過ぎだったのではないか?とも感じます。

 

なんだかんだいっても、相手3チームは実力的には日本より上です。

格上なのです。

勝てる見込みも十分にあったけど、ヨーロッパや南米などからW杯に出るほどの強豪国たちなのです。

そんな相手たちがやすやすと日本の自分たちのサッカーをさせてくれるはずはありません。

他のスポーツでも何でもそうですが、相手の良さをつぶしたり、相手に自分たちのプレイをさせないのも立派な戦術です。

それはある意味レベルが上がれば上がるほど常識です。

その相手たちに真っ向勝負、ガチンコ勝負を挑み、逆に「自分たちの攻撃サッカー」にしか目が行かなかった気がするのです。

勝敗の戦術よりも自分たちのサッカーをすることが目的になってしまっていたということです。

 

例えば、最終戦のコロンビアはかなりの強豪です。

コロンビアが「攻撃:8、守備:7」ぐらいだとしたら、日本は「攻撃:6、守備:4」といったところかもしれません。

そういった格上の相手にガチンコ勝負です。

点の取り合いを挑んだ試合をしてしまったのです。

そこに戦術なんて感じられませんでしたし、相手のサッカーなんて気にせず自分たちのサッカーにしか目が行かず、そんなガチンコ勝負で勝てるわけがありません。

何が言いたいかというと、真っ向勝負でなく勝つための戦術がなかったのではないか?ということです。

コートジボワール戦では、1点取った後に攻めるのか守るのかが中途半端になってしまいました。

ギリシャ戦では、引いた相手にどうすればチャンスが生まれるかの攻撃パターンがまったくありませんでした。

コロンビア戦では、攻撃も守備も一流の相手にガチンコ勝負です。

 

そして上手くいかなかった原因が全て「自分たちのサッカーが出来ていなかった」ときたもんです。

つまり勝つための戦術や相手の研究が疎かになっていたのではないかと思うのです。

それがあればもっと自分たちのサッカーが出来たのではないでしょうか。

 

言っておきますがこれは日本代表の批判ではありません。

勝つための戦術が少しでもあれば予選突破できたのではないかという非常に残念な思いがあるからです。

 

選手は自分たちを見失っていた

ザック監督がそこまで戦術も何もないサッカーをさせてたとも正直思えません。

このW杯では監督の戦術や采配に対して批判が出ていますが、実は監督のやりたかったサッカーを選手が出来なかった、やらなかったのではないかとも感じ取れます。

それほど選手は自分たちを見失っていたのではないか?そんなふうにも見えてしまうのです。

 

マスコミの手のひら返しはゆるせん!

こちらの記事を見ればわかりますが、スポーツ紙の一面は本田や日本代表の批判ばかりです。

netgeek.biz

 

マスコミの手のひら返しが気に入らないのもありますが、そこまでバッシングする必要があるのかがわからないし、まったくもって許せません! 正にマスゴミです!

ちょっと異常な叩き方ですよね。 

 

ザックジャパンは楽しかったよね

正直私はザックジャパンは楽しかったし、ザック監督のサッカーのおかげで日本代表は間違いなく強くなったと思います。

上にも書きましたが、最後のW杯では、戦術や相手の研究などに疑問が感じられました。

でも今までの歴代日本代表には無かった”攻撃サッカー”で、アジアカップなどを制し、アルゼンチンなど強豪国を破り、W杯予選も危なげなく通過しました。

周りがW杯に期待大を持つほど強くなったのです。

そんな日本代表戦は見ていて本当に楽しかったです。

最後の大一番で結果が出なかったとはいえ、ザックや日本代表を批判するのは正に似非(エセ)サポーターであり、そんな奴らに日本代表が責められているのを見ると腹が立ってしょうがありませんし、なんとも悲しく寂しいかぎりです。

 

選手が一番くやしいだろうけど胸を張ってほしい

きっと自信もあり、みんなの期待にも応える。

そして自分たちの力を世界に見せたかったと思うと、やっぱり悔しさは半端なかったことでしょう。

 

本田が泣いている!?

f:id:himuka14:20140627010951j:plain

本田は1得点1アシストと活躍したけど、どうみても調子は絶不調だったように見えました。

それでも結果を出すのだから(試合には負けたけど)やはりすごい選手だと思います。

試合に負け+絶不調で思うようにプレーが出来なかった。さぞ悔しかったことでしょう。

 

長友号泣!?

f:id:himuka14:20140627011218j:plain

記者会見でインタビューの途中で号泣してしまった長友。

試合後もきっと泣いていたと思います。

テレビで見ていて思わず貰い泣きしそうになってしまいました。

長友にとって前回のW杯から海外に行き、インテルまで登りつめ、今回のW杯はその集大成のつもりだっただけによほど悔しかったのだと思います。

 

他にも香川や内田など選手全員が悔しいはずです。 

 

 

最後に

いや~本当に悔しいし残念だし、何よりこのメンバーによるザックジャパンが見れなくなるのが寂しいです。

もちろん新たな日本代表もきっと楽しくなるだろうと期待はしていますけどね。

 

何回も言ってしまいますが、私はザックジャパンに対してそんな思いなだけに、日本代表やザックを批判する人を見るとどうしても怒りが込み上げてしまいます。