読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ畳

日常の思ったこと、育児・子育や仕事のことなどつらつらと書いていきます。

今のあなたは10年後、20年後から戻ってきた、人生をやり直すために。

よくわからないオカルトちっくなタイトルですが、世の中の映画や漫画、小説などでは、タイムマシーンや夢などで、現代から過去に遡って人生を見直したり、やり直したりなどといったSF的な話がよくあります。 今の自分は本当に「過去」から「現在」の一本道だ…

山本五十六の名言「男の修行」は古き良き言葉。

たまにこのブログにも「名言」的な有名な言葉を使った記事を投稿していますが、これからも私の好きな「名言」の記事を徐々に増やしていこうと思っています。 さて、本日の名言は、山本五十六の「男の修行」です。

自分が何かを得たいならまずは自分よりも他者に与えることが成功の秘訣

自己啓発や仕事・人生などの成功法などでもよく出てくる言葉ではあります。 自分が何かを得たい、与えられたい、と思うのであれば、まずは自分が他者に与えることが先であるということですね。

仕事の失敗が許されるのは最初のうちだけ。であれば最初のうちにたくさん失敗経験を積んだほうがいい。

気がつけばいつのまにかもう3月です。もう春はすぐそこです。 来月になれば巷は新入社員で溢れているのでしょうか。フレッシュさが眩し過ぎてあまり見たくありません。 新入社員であれば、どんなに強がっていても不安と期待が入り交ざり、落ち着かないこと…

「相手の立場に立って考える」習慣を身に付ける。

「相手の立場に立って考えるべき」とは、よく言われる言葉です。 言っていることはわかるし、大切なこともわかる。 しかしそれを実行することはなかなか難しい・・・ですかね?

山本五十六から学ぶ「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」

(※2016/04/06:記事更新) 今日は山本五十六の有名な言葉である「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」から人の教育について書きたいと思います。